下っ腹ぽっこりを解消★原因・対策

下っ腹ぽっこりを解消★原因・対策

 

 

あなたの下っ腹の悩みは!?

 

下っ腹の悩みは、場所が場所だけに特に目に付く問題です。

 

下っ腹が出てきたけれど高齢だからしょうがない
下っ腹をシェイプしているのに効果が無い
下に物を落とした時に下っ腹が邪魔をして中々拾う事が出来ない
服を購入したくても試着するのに抵抗がある

 

 

女性はいつまでも美しくありたいと願う人は少なくないですが、実際に下っ腹が出てしまってはお洒落とは縁遠くなってしまいます。

 

まずは、店員さんに見られるのが恥ずかしい理由から、店舗に足を運ぶ回数も減ります。
しょうがないのでインターネットショップでサイズを確認しながら購入しても、届いた商品では下半身が収まらなかった…なんて失敗もあります。

 

特にパンツスタイルだと、ウエストでサイズを選ぶのが殆どですから、ウエストに合わせた大きめサイズを購入する事になります。
勿論足は大きめサイズになってしまうので「服に着られてる」ようなちょっと情けない感じがしてしまう事もあります。

 

しょうがないからとウエスト部分がゴムのスカートやパンツを購入する人が少なからずいますが、
多少の締め付けは体のラインを意識する為に必要な事ですから、ゴムだった場合には気が付いたらさらに下っ腹が出ていた!なんて事になり兼ねません。

 

 

 

あなたの下っ腹ぽっこりの原因

 

無意識の内に気になる程に出てしまっている下っ腹は何が原因でなってしまうのでしょうか。

 

下っ腹が出てしまう原因には以下の物があります。

 

子宮筋腫、卵巣でのトラブル
運動不足や年齢による筋肉の低下
慢性的な便秘に近い状態
出産などによってずれてしまった骨盤

 

 

 

子宮や卵巣で何らかのトラブル(病気)がある場合にお腹が迫り出し下っ腹が出ているように感じる場合があります。
女性の多くは子宮筋腫を抱えていると言われ、ガンといった悪性の性質で無い事が多い為に、お腹の中に子宮筋腫の存在が分かっても無理に切除したりしないものです。
子宮筋腫は年々成長しています。あまりにも大きくなりすぎた場合には、子宮筋腫が腹壁を押し下っ腹が出ているように見えます。

 

猫背気味の人も、腹筋や背筋・わき腹の筋肉が衰える事で内臓を固定する力が無くなり、内臓が下腹部へと降りてきてしまいます。
水風船を想像すると分かるように、風船の口を持つようにすると水分が重いため風船の下になればなるほど水分が多く膨らみます。
水の変わりが内臓だと思って下さい。

 

女性の悩みの一つ「便秘」も下っ腹を改善する為には対処しなければならない事です。
体の中に蓄積される老廃物は便となって体外に出るのが理想で、排便が1週間以上来ないような場合には、便秘対策をしなければ行き場の無い便が腸一杯になり、腸が膨らむ事でお腹を迫り出してきます。
便秘になりやすい自覚のある人は普段の食事から食物繊維を意識した食べ方をしましょう。

 

女性は結婚して妊娠し、出産する事で新しい家族を迎え入れますが、出産をきっかけとして骨盤が正常な位置からずれてしまう人もいます。
妊娠中には骨盤に守られるように赤ちゃんを包み込みますが、出産の時には赤ちゃんを送り出すため、骨盤が大きく開いてしまうのです。
産後に何かしらの対応をしなければ骨盤は開いたままとなり、元に戻すまでに長期間を要した場合、さらに正常な位置へ戻す事が大変になります。

 

骨盤の歪みは下っ腹だけで無く、ダイエットを考えている人にとっても重要なポイントです。
骨盤が歪んだままの場合、ダイエットをしても効果的に痩せる事が困難な状態になるのです。

 

 

あなたの下っ腹ぽっこりの対策

 

下っ腹が気になり出す前に何かしらの対策をするのが望ましいですが、実際自分の身に降りかからない事には無関心なものです。

 

病気などによる下っ腹は病院で対策をしますが、それ以外の下っ腹の人は自分で何をするべきか考えます。

 

下っ腹対策の経験者に話を聞くのも参考になりますが、いくら親しい間柄でも恥ずかしいと思う人が多いです。

 

では一体どうしたら良いのか?

 

「姿勢を気にして生活」をしてみるだけでもガラッと調子が変わります。
バレエダンサーが良く分かりやすいですが、バレエダンサーに太っている人はほぼ居ません。
稽古をする時には姿勢を正したまま足を上げたりするのです。

 

背筋を伸ばす事で腹筋だけでなく側面の筋肉も強化できます。
壁に背を付け、両肩・お尻・踵を壁から離さないように立つだけでも結構疲れを感じます。

 

簡単に下っ腹の悩みを解決する為の対策は

 

・水分を摂り過ぎない
・水分を不足させない
・適度な運動
・背筋を伸ばす

 

便秘が酷い人は食物繊維を意識する、お尻歩きで便秘解消、どうしても摂りきれない場合にはサプリメントなどの力を借りるといった方法があります。

 

食事に気を使う事が難しい人や運動が大の苦手だと言う人はサプリメントも検討の視野に入れます。

 

 

参考サイト
酵素ドリンク 通販
産後ダイエット おすすめ

ホーム RSS購読 サイトマップ